GU(ジーユー)

By | 2017年7月26日

特に安い商品が多い

GUはユニクロと同じく、ファーストリテイリング社のブランドです。
ユニクロと同じ会社のブランドなので、さほどユニクロとは違いがないだろうと考えるかもしれませんが、実はターゲットにする層も、扱う商品も違います。

とにかくユニクロよりも更に安い低価格路線であり、非常に商品が安い値段なので、ワンシーズン着られればいいなと、割り切って買う人も多いです。
そのような感じなので、買う目的や用途もわかりやすく、それが浸透し、最近有名になってきているブランドです。

どれぐらい安いかというと、スーパーの服売り場並に安く、Tシャツ3枚で1,000円などと、その値段のインパクトはダントツです。
このために、品質を求めるのではなく、安い値段の服を買いたいという人のためのブランドです。
このために、品質はイマイチというのが多く、これは口コミでもよく言われることです。

実際の商品の値段としては、カットソーが500円ぐらい、セーターは1,000円以内、ジーンズが900円、さらには下着や靴下は90円という場合もあります。
あまりに安いので大丈夫なのかと心配になるかもしれませんが、品質はイマイチとは言えども、もちろん商品としてのクオリティは保たれていますので、安心です。

先にも記載した通り、一生大事にして着るというような服ではなく、半年程度着られればいいという考えで購入するべきでしょう。

若い人向け

ユニクロが全世代やファミリー向けを対象としているのに対し、GUは若い人の10代から30代をターゲットとしており、メンズ服も取り扱ってはいますが、特に女性向けのアイテムが多いです。
ユニクロよりも流行を取り入れた服が多く、トレンドをファッションに取り入れたい女性などが利用するブランドです。

カジュアルなアイテムが多く、カラフルな商品が多いので、ユニクロよりもファッション性が高いです。
GUは出展当時は苦戦を強いられてきましたが、低価格路線に変更し、ファッション性のあるアイテムを取りそろえることで、一気に躍進しています。
昔は靴も扱ってはいましたが、こちらは売り上げが伸びず苦戦して撤退しています。

ユニクロにしてもGUにしても、やはり服を選ぶときは、そのサイズに注意するべきです。
いくら楽でありゆったりと着たいと言っても、ワンサイズ大きい服では、着るとあまりオシャレには見えません。
中にはオーバーサイズを選ぶような服もありますが、それ以外はジャストサイズが基本です。
普段着ならばオーバーサイズでも問題はないですが、それ以外の時ならばジャストサイズの服を着た方が良いでしょう。
特にトップスのサイズが合っていないと、他に何を着てもオシャレには見えません。