GLOBAL WORK(グローバルワーク)

By | 2018年3月25日

日本発のファッションブランド

株式会社ポイントが設立したファッションブランドの1つがグローバルワークです。
1953年に茨城県に福田屋洋服店が誕生し、1993年に株式会社ポイントと社名を変えます。
そしてその後グローバルワークが設立され、消費者のターゲットは20代から30代の男女と、若い世代の家族です。
そのために、小さい子供のためのアイテムもあり、時代の移り変わりと共に、素材のぬくもりを大切にしたり、自然な感覚のスタイルにするなど対応させています。

人気アイテムといえば、モッズコートがあり、元は軍用の防寒着でした。
とても暖かく、フードが付いており、デザインのみならず機能性も兼ね備えます。
その他にもカジュアルファッションやコーディネートしたいときに使えるコートなどもあります。

自然体を基本とする

グローバルワークのテーマは、それぞれの自然体であり、頑張りすぎず自分らしい洋服を提案します。
またシーズンごとにさりげない流行も取り入れられているのも、人気を博しています。
自分らしくカジュアルに着られるアイテムを多く提案しており、素材の風合いなども活かしたファッション性もあります。
大手ショッピングモールなどで販売しており、手頃な値段で買い求め安く、ユニクロのようなポジションにいるブランドです。

価格としては安い製品は3桁台からあり、高いコートなどのアウターは1万円を越えるぐらい、ボトムスは3,000円以上からとなり、アクセサリーは1,000円台と手頃です。
デザインは基本に忠実であり、自然体というのをテーマにはしていますが、何か特徴があるかというと特別なことはなく、特徴がないのが特徴とも言えます。
ただ基本には忠実であり、ブランドとしての方向性はあります。

着心地が良く履きやすいアイテムも多く、値段は良心的であり高くないですが、長く使えるアイテムが多いです。
どちらかというとデザインに重きを置いたブランドではなく、値段に重点を置いており、やはりユニクロのような立ち位置です。
全体的にサイズは大きめであり、スリムな人は一番小さいサイズで良いでしょう。
普段着などとしても、ラフに気軽に着るにも良く、体格の良い人でも似合います。

ユニクロやしまむらがなければグローバルワークというように、都会のみならず田舎だと自然と選択しに入るブランドかもしれません。
特にショッピングモールなどで販売されているので、値段も安く、気軽に手にとって買うことが出来ます。
シンプルで着やすいので、それほどデザインにこだわっていないというような人にもおすすめのブランドです。
ファッションに興味を持ったというような人でも、入門用に買ってみても良いかもしれません。