GAP(ギャップ)

By | 2017年10月16日

アメリカのファッションブランド

日本でもすでに同じみのファッションブランドのGAPは、1969年にアメリカのサンフランシスコでジーンズ専門店として誕生します。
そうして今や世界に約4000店舗を持つようになり、世界的ブランドとして成長しています。
もともとジーンズ専門店でしたが、ブランドの成長とともに、その他の衣類やアクセサリー、子供服のラインナップも増やしていき、これが多くの人に受け入れられて、ファッションブランドとして確立します。

コンセプトは、グッドデザイン・クリーン・オールアメリカン・シンプルという4つであり、基本はトレンドに左右されず独自のデザインを貫き、基本を守るベーシックなデザインのアイテムを展開します。
しかしながらジーンズ専門店として始まったので、時代の流れと共に、シーズンのトレンドを取り入れたデザイン性の高い製品も展開します。
コマーシャルでは、ミュージシャンやダンサーを起用し、GAPの製品でライフスタイルや楽しみを提案します。

GAPを語る上では欠かせないのは、ファッション業界に1つの流れを作ったことです。
これはデザインから製造、物流に販売、そしてマーケティングまで自社で一貫して行なうものであり、このスタイルをSPA型と言います。
この手法で、全世界どこでも同じ品質とデザインの服を提供できるようになり、今ではファストファションと呼ばれます。
このSPA型は、H&Mやユニクロなど、その後の多くのファッションブランドが取り入れるようになり、今やファッション業界の1つの標準となっています。

品質の良い製品

GAPの製品を見ると、価格はユニクロなどよりは高めですが、その分品質が良く、ファストファションブランドの中でも、高品質な製品を提供するブランドです。
また男性に人気のアメカジを中心としたデザインになり、アメカジ好きな人ならば是非ともチェックしておいたら良いブランドです。

製品のサイズは全体的に大きいので、体の大きな人にも適した製品が多いです。
店舗に行くと家族連れでお父さんが服を選ぶなど、そのような光景が多く見られます。
お腹周りが気になるような男性にもおすすめの服も数多くあり、女性ウケはしなくても、ゆったりと着られる服を探す人におすすめです。

アメカジというと、イメージとしては清楚というよりは、ワイルドという感じになります。
女性ウケを狙うならばあまり適しておらず、アメリカ基準のサイズなので、全体的に大きめのサイズの服が多いです。
ファストファションブランドの中では、比較的値段は高めですが、その代わりにセール品になると一気に値段は安くなり、ねらい目です。
そんな時を狙うと、品質の良い値段の安めのアイテムを手に入れられることも出来ます。