化石の処分方法

専門の買取業者もいるので意外と簡単に売れる

オタクのコレクションにはありとあらゆるタイプがありますが、中でも化石にこだわるオタクというのはかなりディープと言えるでしょう。
というのも、化石はたくさんの種類がありますし、学術的な知識もないとコレクションを上手に集めていくのが難しいので、この分野にのめりこんでいく人が多いからです。

一口に化石と言っても、植物や昆虫、恐竜の一部などもありますし、オパール化した美しい宝石に位置するようなものもあります。
そのため、人によって好みのジャンルが異なり、コレクションの内容も偏ってくることが多いのです。

オタク卒業ということになったら、この化石コレクションを処分しなければなりませんが、化石のコレクションは価値があるものが多いので、売却という方法を採るのがベストだと思います。
化石をメインとする買取業者も国内にいくつもあって、的確な査定をして買取をしてくれますので、意外と簡単に売却が可能です。

もう一つの方法はネットオークションを利用するということです。
オークションでは、やはり化石をターゲットとするオタクが常に出品をチェックしていますので、写真をアップして出品すればすぐに買い手が現れます。
場合によっては、専門の買取業者よりも高値が付くこともありますが、たくさんのコレクションがあると、一つずつ出品するのは大変になることもあります。

化石のコレクション内容によって値段も異なる

化石はそれぞれの種類によって、かなり値段が異なってきます。
最も高値が付きやすいのは、大型恐竜のパーツです。
恐竜の爪や牙、歯など、その恐竜の特徴を良く表している部分は、人気が高いので10万円近い値がつくのも珍しくありません。

さらに、アンモナイトは化石の中でも人気の種類ですが、特にオパール化しているなど、希少価値が高いタイプになると値段が急に上がります。
また、同じタイプの化石のセットはまとめて売却することで、セットとしての価値が認められて個々に売るよりも高くなることもあります。

大きさと保存状態によってもかなり値段が変わってくる

化石の種類の他には、化石の大きさと保存状態が大きく値段に関係してきます。
もちろん、化石は大きければ大きいほど価値が高くなり、同じアンモナイトや三葉虫であっても、サイズが2倍になると、価格は4倍程度まで上がることがあります。
そのため、ネットオークションなどでは、きちんと実測して大きさを示すこと、大きさが分かるような形で写真を撮ってアップすることが大事です。

また、保存状態も大事で、傷がついていたり欠けがあったりすると価値が下がります。
トラブルを避けるためにも、こうした問題があるようであれば、説明の中で必ずその部分を入れるようにすると共に、傷などの状態が良く分かるように写真を上げると良いでしょう。