同人誌の処分方法

処分に困るからどんどん溜まる…

オタクと呼ばれている人は十中八九、同人誌を購入した経験があるのではないかと思います。
僕も以前は同人誌を買い漁っていた時期があり、夢中になって読んでいました。
好きな作家さんも何人かいたので、コレクターのように集めていた事もあります。
でも、今となっては同人誌を買うこともなくなり、思い出したように読み返すこともなくなりました。
部屋の整理をしている時に、あまりにも大量の同人誌が存在している光景を見て、自分でもこれは酷いなと感じました。

同人誌の処分方法が難しい理由

自治体によって違うのかもしれませんが、僕が住んでいる地域では普通の雑誌であれば資源ごみとして処分できるので特に困ることはありません。
実際に、部屋にたくさんあった雑誌類をまとめて資源ごみとして処分しましたが、特に問題はありませんでした。
同人誌の場合は雑誌と言ってしまえば確かに雑誌の類になると思いますが、問題なのは中身なのです。
場合によってはきわどい内容が描かれている場合もあるので、資源ごみとして処分するのは好ましくないとされています。
作者の個人情報が記載されている場合もありますので、そのまま資源ごみとして処分しない方が良いというのが理由です。

同人誌の処分方法

それならどのように同人誌を処分するべきなのか考えてみたところ、いくつかの方法がありました。
まずは同人誌を紙資源として無料で引き取ってくれる業者へ処分を依頼する方法です。

参考:http://e-sario.com/eco/

この業者では同人誌を発送する費用はこちらで負担しなければいけませんが、処分費用は無料で対応してくれます。
一般の人には見られたくないような内容の同人誌でも処分してもらえるので、安心して任せられます。
発送した同人誌は紙資源としてリサイクルされることになります。
処分費用として必要になるのは送料分だけですが、発送する量が多くなるほど送料が高くなります。

もう一つの方法は、同人誌も扱っている古本店に買い取りをしてもらう方法です。
でも、この方法に関してはあまりおすすめできません。
同人誌の買い取りに成功しても、ほとんどタダ同然のような値段しか付けられないからです。
比較的有名な作家さんの作品でも、さほど高値が付かないと考えてください。
まだ値段を付けてくれるなら良い方で、買い取りできない作品だと拒否される場合もあります。
それならタダでも良いのでこちらで処分をして欲しいとお願いをしても、処分費用が発生するので引き取ることができないと断られてしまいます。
買い取りできないと言われてしまえば、そのまま持ち帰ることになってしまうため、無駄足になる可能性が十分あります。

このように、同人誌を処分する際には処分費用が発生する可能性があるので、あらかじめ準備をしておいた方が良いでしょう。