陰キャラを脱出するためのスリーステップ

陰キャラとは何か?

陰キャラというのは、陰湿なキャラクター、つまりは陰湿な人物のことを言い、このように思われる人は周囲から良い印象は持たれません。
どちらかというと暗いとか地味などというイメージがあり、積極的に関わりたいと思われる人物ではないです。

陰キャラというのは、性格が暗い、活発でなくインドア中心の生活をしている、おしゃれでなくださいファッションだ、などのことがあり、そのようなことと対照的なことをすれば陰キャラ脱出も出来ます。
また話し方も重要であり、声が小さくもごもごと聞き取りにくい話し方すると、暗いと思われて陰キャラのレッテルを貼られます。

陰キャラ脱出方法

・オシャレをする
服装は見た目を印象づけるものであり、オシャレかどうかはその人のイメージを決めます。
陰キャラ脱出を目指すなら服装に気を使って、オシャレをしてみましょう。
とは言っても、無駄にファッション雑誌の真似をする必要はありません。
自分の合う服装をしないと意味がないので、まずはセンスを磨きましょう。
また衣類でも清潔にする、シワのない服を着る、だらしなくしない、これだけでも印象が変わります。

・姿勢を良くして声を大きくする
見た目が陰キャラかどうかをイメージ付けるので、姿勢が悪いとイメージが悪くなります。
いつも背筋を伸ばして胸を張って歩くようにして、また誰かと話すときも声を大きく出してはっきりとしゃべりましょう。
相手がうるさいと感じるぐらいの大きな声は逆に迷惑なので、聞こえるぐらいの程度の声で話すと良いです。
ついでに、歯も綺麗に磨いて口臭が無いようにしておいた方がいいでしょう。

・新しい街へ行く
新しい街へ行って、みんながどのようなことをしてるのか、どのようなファッションをしているのか見てみましょう。
例えば東京なら渋谷や下北沢など、若者が集まるような場所に繰り出してみるのが良いです。
そうすることで、新しい刺激を受けて、最新のファッションを見ることが出来ます。

陰キャラ脱出にはこの3つがおすすめです。
特に見た目というのはその人を印象づける、もっとも重要な部分であり、いくらオシャレしても似合わなければ意味がありません。
逆にダサイといわれるようなファッションでも、その人のセンスで取り入れて似合えばおしゃれになります。
また汚いというのもマイナスイメージなので、口が臭い、髪がぼさぼさである、体臭が臭うなどのことは良くありません。

目指すはさわやかなイメージであり、明るい色の服装にする、表情を明るくする、活動的に動くなどのことをすると、暗いイメージから明るいイメージになり、陰キャラと言われることもなくなるかもしれません。
明るいイメージの趣味を持つのも良いでしょう。