イケてる香水の付け方

香水の使い方

香水は元々は体臭を消すために使われていましたが、いまやその使い方は体臭を消すのではなく、ほのかな匂いを発生させるために使う場合が多いです。
あまり香水を付けすぎてきつい匂いを発生させるのは、周囲から引かれてしまい、あなたに近寄りたがりません。
時々どぎつい香水の匂いの人がいますが、そのような人を周りが避けるのと同じです。

香水の使い方も注意すべきであり、どのような場所で使いたいのかも考えることです。
やはりどんなに良い匂いの香水でも、つけすぎるとくさくなるので、まずはそのことを考えて使いましょう。

正しい香水のつけ方

・30分前に付ける

香水は付けたときすぐは匂いがきつく、次第に匂いが緩和されていきます。
30分以上経つと匂いが落ち着いてきますので、もしも外出先で香水をつけていくなら、外出30分前に香水を振りかけておくべきです。
そうすれば次第に匂いが落ち着いて、目的地に着く頃はほのかな匂いになってます。

・付ける場所も考える

香水は体でも清潔な場所に付けるのが基本であり、汗をかく場所に付けると汗と混ざって悪臭に変わります。
付ける場所としては、ウエストと膝の裏と足首の内側がおすすめです。
首筋や手首につけると、対面する人の鼻に近づける部位なので、匂いがきつくなり良く思われないことがあります。
また香水は体温で温まると、匂い物質が発散して徐々に上に上がっていきます。
ほのかに香らせるなら体の低い部位につけるのがおすすめです。
服につけるとシミになることがあるので、肌に直接つけると良いです。

・場所を考える

香水を使うときは、使う場所も考えなければなりません。
たとえば回らない寿司屋に行ったときに、香水の匂いがどぎつく匂うのは一緒にいる人も、お寿司屋さんにいるお客さんやお店の人も嫌います。
やはり香水は食事の場では似合わず、どうしても使いたいなら一振りぐらいにして、その香水の匂いがするかしないかぐらいにすべきです。
また病院やお葬式などにも香水は使うべきではないです。

・人によっても匂い違う

同じ香水を使っても、人によって香りが違ってきます。
それは、肌のph濃度やその日の体温や気候によって違いが出てきて、体臭なども香りを変化させます。
男性と女性でも同じ香水を使っても香りは違います。

必ず使う香水は肌につけて、どのような香りがするか確認しましょう。
またあまり香水を使いすぎると、鼻が麻痺してしまってきつい匂いになっても自分で気づかないことがあります。
香水を付けたら、香水以外の匂いを嗅いでみて、それからもう一度香水の匂いを嗅いで、どれぐらいになっているか確認した方が良いです。
いくつかの香水をローテーションで使っても良いでしょう。