人間関係に悩む大学生向け、友達の作り方

一生涯の友だち

大学の友だちは、高校の時の友だちとは違い、一生涯の付き合いになることも多く、親友と呼べる友だちが出来ることも少なくありません。
しかしその反面、大学時代は1人も友だちが出来なかった、講義などだけの付き合いしかない友だちしかいなかった、などの人もいます。

友だちが出来るかどうかは、最初の1回生の時が勝負でしょう。
その時に自分から積極的に他の人と関わりを持っていけるかどうかが、友だちが出来るかどうかの分かれ目になります。
特に大学生活では講義やサークル活動がありますので、そこで壁を作っていては友だちは出来ません。
また待っているだけでは友だちは出来ないので、自分から積極的に相手へ関わりを持つようにしないとなりません。

友だちを作るきっかけ

積極的に関わるとは言っても、急に大学にいる人に友だちになって下さいと言っても、それは変な人だと思われるだけです。
やはり時と場所が必要です。
以下のようなところが、友だちを作りやすい場所です。

・講義

一番友だちが出来やすいのは、講義の時でしょう。
特に授業で分からないことがあるので近くの人にノートを見せてもらう、ペンを忘れたので貸してもらう、などのことをするとすぐに友だちが出来ます。
大学でのこのようなきっかけは、すぐに友だちになれるようなきっかけであり、次の講義からはすでにわいわい楽しく話ながら講義を受けるような友だち同士となることも珍しくありません。

・サークル

次に友だちを作りやすいのがサークルでしょう。
とりあえずサークルに入り活動を行うだけでも、一緒にサークル活動を行う仲間が出来て、次第に関係も深くなって親友となることも多いです。
先輩であればなかなか友だちのようになるのは難しいことも多いですが、同年代や後輩などだと友だちになりやすいです。
これは体育会系でも文化系でも、サークル活動を一生懸命行えば自然と友だちは出来ます。

・研究室

大学では研究室に配属されることも多いですが、研究室で一緒に研究していく人や、ゼミで一緒にいるような人とも友だちになりやすいです。
特にこのような場所だと、一緒に勉強や研究を行うことも多いので、自然と友だちが出来やすいです。

さて友だちを作るような場合は、上記のような場所できっかけを作ると、特に大学だと自然に友だちになりやすいです。
しかしここで注意しないとならないのは、自分から積極的に相手の輪の中に入ろうとすることです。
楽しそうにしているようなグループがあったとして、遠くから眺めているだけでは、決して相手が友だちになろうとさそってくれることはありません。
きっかけは何でも良いのです。
講義でペンを忘れたから貸して欲しい、少しノートを見せて欲しい、そんなことでも構いません。