スーツ

社会人の必須アイテム

これから脱オタをして社会人の一員となって頑張っていこうとしている人に準備してもらいたいのが、スーツです。
社会人としてしっかり働くためには、どんな職場でも面接を行います。
面接を受ける際には社会人に相応しい格好をしなければいけません。
当然ながら、オタクファッションの定番として知られている格好で面接を受けると、その瞬間に面接試験は不合格とされてもおかしくないでしょう。
仮に服装が自由という社風の会社であっても、絶対に普段着のような服装で行くのは止めてください。

そのためにもスーツをきちんと用意しておくことが大切です。
就活用だけでなく、冠婚葬祭などTPOに応じたスーツを用意しておかなければいけません。
これは男性だけに限らず、女性でも同じことが言えます。
スーツを準備しておくことは、社会人なら当たり前の事だと認識しなければいけません。

スーツの価格帯はピンキリ

初めてスーツを購入しようとしている人は、カジュアルな服に比べるとかなりお値段が高めに設定されていることに驚かれたのではないでしょうか。
紳士服専門店では様々なスーツを取り扱っていますが、数十万円以上もの高級ブランドのスーツを買わなければ恥ずかしいのではないかと思っている方も多いはずです。
僕もスーツを買いに行こうと思って、意気揚々と紳士服専門店に行ったものの、値段の高さに驚いてそのまま帰ってきたことがあります。
もちろん、お金に余裕がある人なら高級ブランドのスーツを購入しても良いかもしれませんが、初めてスーツを購入しようとしている人ならツープライススーツでも全く問題ありません。
ツープライススーツとは、19800円とか29800円という2~3万円台のもので十分です。
この価格帯でもデザインが格好良いスーツがたくさんありますし、品質も決して悪くありません。
脱オタを目指してスーツデビューをしようとしている人におすすめです。

スーツのコーディネート

スーツを着ているだけで清潔感のある印象を受けるので、脱オタを目指している人にとっては最適なファッションになります。
でも、コーディネートを間違えてしまうと、明らかにスーツを着慣れていないのだなとわかる印象を受けるので注意しなければいけません。
例えば、スーツとネクタイ、シャツの全てに柄が入っていると清潔感のない印象を受けます。
スーツがストライプ、ネクタイがドット、シャツがチェックというコーディネートを想像してみてください。
何となく滑稽な印象を受けますよね。
せめて、どれか一つでも無地にするとまとまった印象になります。
仮に、就活にスーツを着用する場合には全て無地にした方が無難です。
このようなコーディネートで不安を感じる場合は、遠慮なくお店のスタッフさんにアドバイスを求めると良いでしょう。