脱・オタクファッション

外見を変えるだけでも印象が違う!

オタクの典型的とも言えるファッションを変えてみるだけで、ガラッと印象が変わります。
僕の場合はデブでメガネという、いかにもオタクらしい外見をとにかく変えなければいけないと思っていました。
170センチしか身長がありませんでしたが、体重は90キロ近くありました。
1年くらいかけてダイエットを頑張って70キロくらいに体重を落とすと、自分でも驚くほど印象が変わりました。
メガネもコンタクトにして、髪型もきちんと整えるようにしたら、オタクだったとは思えないような爽やかな印象に変わって自分でもびっくりしました。

そして、オタクファッションを完全にやめたところ、人生がガラッと変わってきました。
家に引きこもりがちだった僕が、自分から積極的に外に出たいと思えるようになったのです。
今思えば、オタクファッションはマイナス思考な気持ちが現れているのだと思います。
あなたも脱・オタクファッションをして、プラス思考になってみてはいかがでしょうか?

NGファッション

いかにもオタクらしいファッションはNGファッションとして考えた方が良いです。
例えば、リュックを背負って、ダラダラに着古したシャツを着ている人は見た目だけでオタクだろうと思われてしまいます。
他にも、カジュアルな雰囲気を意識しているつもりなのに、明らかに失敗している事例もよくあります。
自分のファッションを客観的に判断するためにも是非参考にしてください。

ヘアスタイルやムダ毛のお手入れに気を使うことも大切です。
あまりにも無造作が度を過ぎると、だらしない人という印象にしか見えません。

トップス

オタクファッションの典型的な例としてあげられるのがシャツの着こなしです。
チェックのシャツやプリントTシャツを選ぶ場合は特に注意が必要です。

ボトムス

トップスに気を使うだけでなく、当然ながら全体的なバランスを考えなければいけないためボトムスにも気を使いましょう。
パンツの選び方や靴のセンスなども考慮して、脱・オタクファッションを目指しましょう。

ショップについて

オタクは人とコミュニケーションを図るのを苦手としているケースが多いので、ショップで服を買うことに抵抗を感じる人も少なくありません。
苦手意識を克服し、自分に合うショップのスタッフさんにアドバイスを求めてみましょう!

スーツ

とりあえずカッコイイ着こなしができるスーツを脱オタファッションとして選ぶ人も多いですが、選び方を間違えると逆に残念な印象になりがちです。
大人っぽさを演出するためにも、上手な選び方を実践しましょう。

コーディネート

着回ししやすい服をいくつか持っているとコーディネートもしやすいです。
自分ではかなりイケてる着こなしに思えても、人から見ると滑稽に見えるので注意しましょう。