婚活オタクあるある

By | 2019年4月27日

オタク向けの婚活サービスが人気になっている

オタクの悩みの大きなものは、周りの人とうまくやっていけない、恋人を見つけられず結婚なんて夢の話のようだというものです。
そこで、同人誌などを発行する企業が、オタク向けというより、オタク専用の婚活サービスを始めるなど、オタクの婚活をサポートする動きが広まっています。
なかなか他の人との交流がないオタク同士を結び付けるサービスということもあって、人気が高まっているのが現状です。

オタクと言えども、恋人はほしいと思っている人がいますし、家族にオタクを隠している人などは特になんとしてでも結婚相手を見つけないといけないと思っているものです。
そのようなオタクにとっては、こうしたサービスは理想的と言えます。
とはいえ、このようなオタク向けの婚活サービスを利用すれば恋人が見つかり、結婚できるのかというとそうでもありません。

オタクと一くくりにしてもオタクの中での違いはかなり大きい

婚活オタクの中での葛藤は、オタク向けの婚活サービスを利用しても、自分と合うオタクに出会えるかどうかは難しいこともあるという点でしょう。
というのも、世間一般では、オタクという言葉で一くくりにまとめてしまっていますが、実のところオタクと言ってもかなり色々なタイプのオタクがいるのです。
アニメ一筋の人もいますし、化石などの特定のジャンルのコレクションを楽しんでいる人、見た目には全くオタクと認識できない人もいれば、どこからどう見てもオタクという雰囲気の人もいます。

そのため、何か趣味を持っていて、それにはまっていれば良いということではないのです。
もちろん、友達という程度であればちょっとジャンルが違うとしても許容範囲ですが、婚活ということになると、やはり同じ話題を共有できる人でないと困ります。
特にオタクは一つの分野へのこだわりが強いので、ジャンルが異なると婚活をするのは難しいということになるでしょう。

同じ方向に進んでいないと婚活オタクでも挫折する

婚活オタクの微妙なところは、全く同じジャンルでの趣味を持っていても、方向性が異なることが多いということです。
たとえば、同じタイトルのアニメが好きだとしても、オタク男子は女子キャラクターが好きでフィギュアを大量に集めることを楽しみとしている、一方でオタク女子は男子キャラが好きで恋愛妄想をするのが好きという感じです。
アニメのタイトル自体は共通しているのですが、向かっている方向が異なるので、友達としてはともかく婚活ということになると、発展が厳しいという現実があるのです。

このように困難もありますが、完全に趣味が合致した時の婚活オタクの結びつきは強く、あっという間にゴールインという結果になるカップルがいるのも面白いところです。